2011年7月アーカイブ

2011年7月27日

国はおかしい

「出来る限り東電に頑張ってもらって、無理になったら国が保証しよう」

この国は市場原理主義でないようです。

東電株は相当守られていることになる。

価値が0になることはないのではないかと思う。

さらに東電の発行する債券もかなり守られる。

利回りが特段低いわけではないのに。

東電に対する国の対応はおかしい。

2011年7月20日

米国債もデフォルト?

米国債はデフォルトするのか。

いくら財政赤字とはいえ世界最大の経済大国アメリカである。

その国の国債がデフォルトするとは思えない。

ただ楽観視することはできない。

現に格付け会社も格付けを下げる方向に動いている。

格付けは格付けに過ぎないが利回り高騰の要因にはなる。

利回りが高騰すれば市場からお金を集めにくくなる。

米国債のデフォルトを念頭に入れて、米国債の空売りも考えていこうと思う。

2011年7月12日

ユーロ国債の空売り

イタリア国債の利回りが上昇しています。

これは価格が下がっているということです。

見方によっては暴落となるでしょう。

これでギリシャに続きイタリアも財政危機に陥る可能性があります。

ユーロ圏はガタガタです。

ユーロ国債を空売りしておくと良いと思います。

今できるのはCMC Markets Japanでユーロ国債CFDを空売りですね。

2011年7月 6日

財政破綻が怖い

ギリシャに続きポルトガルの国債格付けも格下げ。

ユーロ圏は財政が危ういのに世界の株式市場は上げている。

財政破綻はしないとの見方が強いのか。

私は財政破綻がいつ起こってもいいように株価指数CFDの空売りに走っています。

債券についてもユーロ国債を空売りです。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。