2011年9月アーカイブ

2011年9月28日

想定為替レートと対抗策

米ドル円も76円台が定着してきましたね。

輸出企業も想定為替レートを70~75円程度にするのではないでしょうか。

そのうえで利益を上げられる体制をいち早く整える企業が上がっていくと思います。

そういった企業の株式を買い(ロング)ポジションで保有していくとよいでしょう。

逆に利益を上げられる体制を取れない企業の株式を売り(ショート)ポジションで保有してもいいです。


想定為替レートとそれに対する対抗策は注目です。

2011年9月21日

FXだけじゃなく

FXをやっている方はたくさんいると思います。

ですがその中で「CFD」を知っている方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

とくにFXとCFD両方やっている方はかなりまれかもしれません。

CFDもFXと同じく「差金証拠金決済」です。

FXは通貨の差金証拠金決済のことです。

CFDは差金証拠金決済そのものです。

株式や株価指数、債券、商品先物などが取引できます。

通貨のみのFXよりも幅広い銘柄を取引できます。

CFDをやってみませんか?

2011年9月14日

CFDで長期投資を考える

CFDで長期投資を考えてみると、

短期投資の繰り返しに比べると手数料(スプレッド)の観点から有利になります。

これは現物の株式投資でも言えることです。

CFDでレバレッジ1倍なら長期投資を前提とした投資もありなのではないだろうか。

(絶対的ではないが)強制ロスカットルールがあるので現物の株式投資よりも自動ブレーキもある。

CFDはデイトレードなどの短期投資に使われがちだが、長期投資を考えたっていいと思う。

各CFD取扱業者はスプレッドで稼ぎたいので短期売買をすすめてくるだろう。

売り手の言うことは素直に信じてはいけないのは基本的にどの業界でも言えることではないだろうか。

2011年9月 7日

スイス・フラン為替介入

スイス国立銀行が前日、外国為替市場のスイス・フラン高を防ぐための無制限の為替介入を決定したようです。

スイス・フラン高は深刻だったためやっと動いたようですね。

これによりFXでスイス・フランを買いポジションを持っていた方で、ロスカット注文をしていなかった人は大変な損失をうけたかもしれません。

差金証拠金決済では必ずロスカット注文をいれましょうという、警告になったことでしょう。


しかし、日本が為替介入しても大した効果がでなかったのに、スイスでは大きな効果が出ました。

通貨売買高の違いかもしれませんね。

いまの時代でもスイス・フランならば為替介入は(少なくとも一時的には)効果があるようです。

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。